様々なうつ|わかりにくく治しにくい脳の病気

心の疲労は体にも現れるうつ病にならない心の休息法

原因を探って予防を行なう

うつ病は、主にストレスや生活習慣が原因で発症します。逆にいえば原因を知っておけば鬱になることを防ぐことができます。どんな状況ならうつになるのかということを知っておきましょう。

発症から寛解に至るまで

うつ病は寛解に年単位の時間が掛かる病気です。また、改善の兆しが見えても何かがきっかけで再発することが多く、治すためにはうまく付き合っていかなければならない病気です。

女性特有の悩み

男性にも女性にも、その性別独特の悩みというものがあります。女性の場合、そんな悩みとうつ病は深く関係しており、男性よりもうつ病対策には力を入れなければなりません。

リスクは男女で違う

うつ病のリスクは男女等しくありますが、発症の可能性は実は女性の方が男性よりも二倍近く高いことをご存知でしょうか。その理由は、生理現象や体質など様々なことが関係しています。

うつの一種

頭を抱える人

うつとは脳の病気

うつ病は、いわゆる脳の病気です。ストレスによって脳の機能に影響が生じ、その結果自律神経の機能に異常をきたすことによって様々な症状を発症します。症状は精神と肉体の両方に影響が発生します。精神面では意欲の低下によって無気力になり、感情障害によって怒りやすく、落ち込みやすくなります。他にも思考力の低下も症状の代表的なものです。肉体的な症状では、肉体的なストレスによって筋肉痛を発症することもあり、不眠症や倦怠感等が24時間常に体に付きまとうことになります。このように、うつというのは精神と肉体の両方に様々な症状をもたらします。そんなうつ病ですが、様々な種類があります。一般的なうつの他にも、冬季にのみ発症する冬型うつという珍しいものもあります。また、新型として非定型うつというものも存在します。

非定型うつの症状

非定型うつとは、従来の症状のように落ち込み続けるということはなく、楽しいことがあれば今までの症状が嘘のように元気になり正常だった頃のような状態に戻ります。しかし、一度終わるとまたもとのうつのような状態に戻ってしまいます。非定型うつの特徴として、「症状が非常にわかりにくい」ということが挙げられます。一時期だけでも正常に戻るため、ただ落ち込んでいるだけと思われることが多く、うつだと認識されにくいのが原因です。その結果、症状は悪化していき、ますます深刻なものになってしまうのです。場合によっては過食症や拒食症になることもあり、健康被害が悪化する恐れがあります。

こんな人がなりやすい

非定型うつになりやすい人の特徴として、責任感が強い人や、プライドが高い人の他にも、自己主張ができない人というケースが挙げられます。これらの人に共通しているのは、ストレスを抱え込みやすいということです。なんでも自分で背負い込んでしまったり、何もかもとことんこだわって追求しすぎたり、自分のいいたいことを何もいわなかったりするというのは、無意識のうちにストレスを溜め込んでしまう行為であり、自分の知らないうちに体を蝕んでしまう行為なのです。その結果、うつを発症してしまいます。対抗策としては、心療内科でカウンセリングを受けたり、心のバランスを保つ脳内物質であるセロトニンを分泌しやすいように日光を浴びるなどして普段からメンタル面のケアを行ないましょう。最近では無料診断ができるサイトもあるので、そこで診断を受けて自分は大丈夫なのかチェックするというのも有効です。